2013年6月12日 (水)

ecocolo

Ecocolo_3

ほかの雑誌とは、確実に違う感覚で、
これは、アートブックなのだと、いつも思う。

アート(art)の”ar-”は、「合わせる、結合する」という意味。

この本には、自分から一歩も二歩も踏み出さないと
距離の縮まらないもどかしさや、
自分は、来ないでくれと大声で叫ぶのに
づいぐいと近寄ってくる強引や、
それでも、一方で、いずれどこかできっと
結びつくのだという未来の確信的予感が含まれている。

純度、親密、体温の熱。

いつも試されているような気がする。

|

2013年3月25日 (月)

春のぬか床づくり

今日の東京は曇り。少し気温が低めですが、
毎日、だんだんと暖かくなってきたので、そろそろかなとぬか床を作ります。

米ぬかは、無農薬・無肥料のものを使用。
安心感が断然、違います。

Nukadoko

(材料)
①生ぬか 1kg
②自然塩 70g
③水 1L
④昆布 5cm
⑤干ししいたけ 2つ
⑥赤唐辛子 2本
 
鍋に②③④⑤を入れて沸騰、火を止めてそのまま冷まします。

ボウルに生ぬかを入れ、冷ました液、赤唐辛子、
昆布と干ししいたけを刻んで入れて練っていきます。

捨て付け用の大根の皮や葉、キャベツの芯などを入れます。

ホウロウなどの容器に開けて、平らにならして、準備は完了。

うまく発酵してくれますように・・。
”殺菌生活”をしている人は、上手くぬか床が作れないそうです。

つまり、手に常在菌がいないため。

昔のおばあちゃんの漬け物が美味しかったのも、うなづけます。

さあ、私は、上手く作れたかな・・。

楽しみです。
 

| | コメント (0)

2013年3月23日 (土)

ワタシ実験1:重症のしもやけ対策

毎年、冬が怖かった!

でも、もう暖かくなったので、大丈夫かな。

実は、お恥ずかしいことに、手足が、ものすごい”しもやけ”になります。

しかも、9月末~翌4月までの長期間、1年の約半分、悩まされていました。

途中、タイ・バンコクへの旅行は、必須。
4、5日行くと、体温が上がり、血液も巡って、少し治ります。


さて、今冬、私が実践したこと。


1.靴下を重ねばき

ただし、絹やウールなどの天然素材。

2.どこに行くにも、湯たんぽ持参

Nalgene

アウトドア用の水筒”nalgene”の1Lにお湯を入れます。

”nalgene”は、熱湯100℃もOKです。
3.体重を2kg増やした。(太った)

4.皮膚科に行かなかった。(ステロイド系塗り薬や内服薬不使用)

5.ハンドクリームを止めた

6.食事に気をつける。(なるべく精製されたものや添加物を避ける)


以上です。


それほど、特別なことはしていません。

とにかく、身体を冷やさないことを心がけました。
ほぼ執念です。(笑)

あと、もう少し、油断しないようにしなくちゃ。


次の冬も、引き続き、実験してみるつもりです。

ちょっと楽しみ。
 

| | コメント (0)

2013年2月18日 (月)

はじめての七宝焼

はじめて、七宝焼に挑戦。

七宝とは、仏教の経典にある七つの宝物=「金,銀,瑠璃(るり),
硨磲(しやこ),瑪瑙(めのう),真珠,玫瑰(まいかい)を表します。

そして、七宝焼きには、宝石を材料にして作られるためという説と
七宝に匹敵するほど美しいことから名称がつけられたという2つの説。

どちらも素敵です。

デザインを考えて、釉薬を選ぶ。

Shippouyakiclass

さらさらとした粉状の釉薬を水で適度な滑らかさにして、
銅板や銀板に、へらや筆で盛りつけます。

その後、少し乾かしてから、800度前後の高温の釜で焼成。

電気炉から取り出された胎の上で、釉薬が真っ赤に溶け、
次第に冷えて発色していく・・。

なるほど、こんなふうにできるのだね。

※写真がなくてすみません。

全体が冷めたら、まわりをヤスリで整えて、台座に設置。

ブローチが完成。

Shippouyaki

また一つ、新しいこと。

| | コメント (0)

2013年2月11日 (月)

炒め煮する!「野菜とひよこ豆のベジカレー」

カレーは、煮込み料理というイメージがありますね。

もしかすると、改めて”炒め料理”として意識すると、美味しくできるような気がします。

先日、アサクラオイルの朝倉玲子さんの「オリーブオイルの使い方講座」に参加。

「オイルと塩、野菜と火の掛け算はあっても、野菜どうしの掛け算はない。
素材単品の良さを引き出す工夫をすること。」とおっしゃっていました。

ただし、玉ねぎとにんじんとセロリは、他の野菜と組み合わせでもOK。

そんなことを少し意識しながら、野菜を炒める・・。

Currynabe

これだけでも美味しいので、カレーの風味づけも様子を見ながら丁寧に・・。

いつものカレーが、ちゃんと掛け算の滋味になります。

| | コメント (0)

2013年2月 9日 (土)

縫い物の午後

縫い物をする時には、

クッションをひざの上において・・。

そうすると、腕が固定されて、目と針の距離が近づくので、

縫いやすくなります。


Nuimono_2

2月の午後の陽ざしの中、ラジオを聴きながら・・

明日は新月。

| | コメント (0)

2013年2月 5日 (火)

【置き換え自由の発想】

6年前に始めて触れたマクロビオティック。
(今では、カチコチにならず、ゆるめのセミベジタリアン♪)

基本的に、肉・魚・乳製品は、NG。

陰性というカテゴリー分けされたじゃがいもも、できれば控えたい種類の食材。

そんな中にあって、代用できるものはないかなあ?・・と考え、
おからを選びました。

Okara_2

カリカリに炒ったもの①→粉チーズ
サラダやパスタのトッピングに・・。

カリカリに炒ったもの②→ポテトフレークとして。
茹でた野菜+豆乳+味噌/塩+ブラックペッパーでポテトサラダになります。

もちろん野菜を炊いて、炒り煮する”卯の花和え”は、安定感のある定番のお惣菜。

それから、お菓子づくりにも活躍します。
パウンドケーキにも加えるとふんわり。
カロリーも抑えられます。

もし、安全なおからを見かけたら、迷わず購入。

小分けにして冷凍も可。
ちょっと一品作りたい時に重宝します。

マクロビオティックで、私なりに学んだことは、
”制限された”ではなく、”置き換え自由”と考えること。
工夫できる自分がわかると、ちょっと自信がつきますよ。

お料理って無限大!

| | コメント (0)

2013年2月 4日 (月)

「旧暦と暮らす-スローライフの知恵ごよみ」

昨日は、節分。季節を分ける日。
季節の移り変わる大晦日のような日。

そして、今日は、立春。一年の始まり。

「旧暦と暮らす」を読み始めました。

Bookkyureki_2



企業に所属して、がむしゃらに働いていなかった頃には、
おそらく手に取ることがなかったであろう本。

不動産取り引きの緊張感とダイナミックな達成感の中にあって、
もし当時、こういう本を手に取っていたら、違う世界を知ることで、
もっと心にゆとりができていたように振り返ります。

だから、あえて..特に、企業でバリバリ働く人に手に取ってほしい。

この本でなくても、別の時間軸があること、
モノの見方や考え方の違うジャンルに接することで、
今、所属している世界がまた興味深く見えてくると思うのです。

| | コメント (0)

2012年2月23日 (木)

2/22 FWTrading主催 フランス産冷凍パンの試食会へ

昨日2月22日(水)は、メルキュールホテル銀座東京2Fのビストロ レ・シャンソンへ。

FW Tradingさん主催のフランス産冷凍パンの試食会がありました。

「これが、冷凍を焼いたもの?!」と驚くくらい、香ばしくて小麦の味もしっかりするパン。

Fw1


デニッシュ類も、さくさくして、上品な甘さ。

Fw2


パンフレット類も、デザインや色使いがきれいで、さすがです。

Fw4


こっそりいただいたサンプルも、次の日でも風味が変わらずに、美味しい。

Fw3


現在は、そのほとんどがレストランの業務用としてだそうです。

シェフが自ら、「冷凍のものを使ってます。」とは言わないので、
それを食べるお客さんは、そのレストランの自家製パンだと思いますね。

そうすると、つくり手さんの思いやストーリー、こだわりが伝わっていかないのが残念。

ちょっと寂しい気持ちです。

シェフの方が、胸を張って、「このパンは、フランス産の冷凍。
美味しくて、素材もしっかりしていて、あえてこれを選びました。
だから、料理に専念します。」と、懐の深い人だとおもしろいのになあと、希望的観測。

野菜料理とパンの試食会&セミナー&イベント、ちょっとやってみたいです。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2012年2月21日 (火)

カンブツレスキュー!■いろいろ乾物のおから煮

まだまだ寒い冬の時期。

旬の野菜も少なくて、毎日の献立もなかなか難しい。


そんな時に、頼れる味方は、カンブツ(乾物)!

Kanbutsu1_2

                              ※お豆さんも、乾物として扱いますね。

干すことで、栄養価もアップ!。


特に、切干しだいこんの場合、生のだいこんと比較すると、

  ・ カルシウム   (強い骨や歯の形成に欠かせない)      約22倍

  ・ マグネシウム(骨の成長や神経の働きに必要)         約17倍

  ・ リン        (骨や歯の生育やエネルギー代謝)     約12倍

  ・ 鉄        (赤血球ヘモグロビンの成分/貧血予防)   約48倍

  ・ 亜鉛           (さまざまな酵素の働きをサポート)           約10倍

  ・ 水溶性食物繊維(血糖値の上昇抑制やコレステロールの排泄効果) 約7.2倍

  ・ 不溶性食物繊維(腸内で膨らむ。便秘の解消/大腸がんの予防効果) 約21倍

                              ※「日本食品標準成分表」2010より



もちろん、生のものも有効な成分がたっぷりなので、偏らずにバランスよく
食べることが基本です。

ちなみに、生のだいこんには、「自然の消化剤」と言われる胃腸の働きを助ける
ジアスターゼ(アミラーゼ)が含まれているので、貴重です。


さて、今回は、おからも使って、お家にあるカンブツを総動員。


カンブツレスキュー!■いろいろ乾物のおから煮

Kanbutsu2

 ( 材料 )  おから 切干しだいこん 高野豆腐 ひじき 干ししいたけ
         大豆 にんじんの葉

  (調味料)  しょうゆ


それぞれのカンブツから良い出汁が出るので、味付けは、少量のおしょうゆのみ。


深い味わいがたっぷり楽しめます。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

«習慣を少し見直すきっかけ■イタリアのオーガニック認証洗剤 "フォーリア"