« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

器のこと その1

器との出会いは、実はまだ、とても日が浅くて、ちょうど1年前くらいから。

祥見知生さんの『うつわ日和。』という本で、少しずつ勉強しながら、でした。

Utsuwa2

開催予定の陶展を調べ、作家さんが在廊する日時に合わせて、その都度、出向き、
勇気を出して、声を掛けて、お話しをお聞きして・・。

そして、まとまった数ではなくて、一つずつ買い揃えること。

最初は、田舎育ちだったせいか、5客組み、最低でも2客組みで持っていないと、
心もとない感じがしましたが、一つずついろいろな種類を持つことは、
限られた予算の中で、できるだけいろいろな作品に触れるという意味があります。

そして、同じ料理でも、盛り付ける器によって全く違った印象。

いろいろな発見、組み合わせの妙。

料理に合わせた器選びは、本当に楽しいです。


さて、我が家の朝の恒例の風景。

Utsuwa1

昨晩の夕食時に使った器が、テーブルの上に裏返し。

器は、使ったらすぐに洗って、乾いたリネンで水気を切り、特に高台部分が乾くように、
何度も表と裏を返しながら・・

さながら、手焼きせんべい屋さん!?の気持ちです。



生産者さんのわかる農産物を使って、自分で料理をして、つくり手のわかる器に
盛り付けること・・

最近、当たり前の日常になってきてしまっているけれど、実はとても貴重なことなのだと、
改めて実感。

心豊かな暮らしが、一つの器(うつわ)から始まることもあります。


ちなみに、明日12月1日(木)~12日(月)まで、祥見さんの鎌倉市御成町の
utsuwa-shoken onari NEARさんでは、「冬の日。大皿展」が開催されます。

ぜひ、お近くにいらっしゃる際には、お散歩がてらにのぞいてみるといいですよ。

我がgohan design organicでは、今後、「器店巡り~作家さんと作品に出会う!~」を
企画中。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年11月29日 (火)

野菜を見ること・知ること・学ぶこと。■自然栽培だいこんとみかんの皮の浅漬

10月29日(土)、下北沢大学で行われた「第1回 安心・安全な御野菜の見分け方
講習会」。(講師は、社団法人エコ食品健究会 代表理事の久保正英氏)

その講習会に参加してから、以前よりもいっそう、野菜を観察するようになりました。

農薬や堆肥を使わない自然栽培の野菜(根菜類など)は、右回りにねじるようにして
成長するとのこと。

葉付きのだいこんやにんじんなどを見ると、確かに葉の部分がねじったように
右に曲っています。

Hirodaikon3 

               ※富山県氷見市 廣さん作 自然栽培のだいこん

流通の過程で折れ曲がってしまったものとは違う、力強い自然の法則。

その特徴がよくわかります。


そして、断面にも、成長の様子がしっかりと。

Hirodaikon1_3 

成長の年輪が、放射線状にしっかりと出ています。

同じ野菜でも、自然の力を蓄えた、生命力あふれる自然栽培の野菜は、
栄養価も、全く違うはず。

安心・安全は、もちろんのこと、栄養価の高さも意識したい!


さらには、野菜の栄養面での特徴を生かして、調理することも大切だと思っています。


例えば、大根おろし。

野菜の効果・効能という点では、根(正確には実)の部分を使うのがベスト。

アリルからし油の成分で、確かに辛いですが、「自然の消化剤」といわれるだいこんの
ジアスターゼ(アミラーゼ)という消化酵素は、断然、根の部分に多く含まれているから。

そして、ジアスターゼ(アミラーゼ)は、熱に弱いため、火を通さない食べ方が、
その効果を得る方法です。


■自然栽培だいこんとみかんの皮の浅漬

Hirodaikon2

Mikan3

 (材料) 自然栽培のだいこん 自然栽培のみかんの皮 自然塩


通常、塩でもんだりすると、水分が引き出されてしまいますが、
自然栽培の野菜は、しっかりと自分の身体の中に水分を溜めておこうとするのか、
意外と水分が出にくいこともわかります。


野菜を見ること。知ること。

改めて目を向けることで、その成長のこと、栄養価のことを知る・・

たくさんのことを学ぶチャンスかもしれません。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年11月28日 (月)

豆乳グルト?!もできます■キウイのコンフィチュール

先日の築地本願寺の安穏朝市。

無農薬のキウイフルーツをたくさん購入。

Kiwi1

ジャムにどうぞ、ということでしたが、
ジャムを作るには、ペクチンや大量のお砂糖が必要。

今回は、シンプルに、あっさりとした”コンフィチュール”に・・。

Kiwi2

ざくざく刻んで、少し煮詰めます。

甘味は、キウイ25個に、てんさい糖を一つまみ。

通常は、キウイの重量の、30~50%の砂糖を入れるようです。

色が変わって、酸っぱいけれど、手づくりは、これも良し。

Kiwi3



この酸味を生かして、豆乳を加えると、乳化します。

ビンから少し取り分けて、失敗のないように、まずは、キウイと豆乳、1:1の目安で。

様子を見ながら、お好きな感じに合わせてみて下さい。

Kiwi4

乳製品がダメな方でも、ちょっとヨーグルト気分。


フルーツ煮としても、もちろんそのまま食べてもOKです。

この他にも、お菓子の材料として、寒天やゼリー寄せにしたり、タルトにのせたり・・。


オリーブオイルと塩・こしょう、スパイスを加えると、ドレッシングにも・・。


手づくりの醍醐味!

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年11月25日 (金)

卵・乳製品不使用!■全粒粉とそば粉のキャロットケーキ

山梨県北杜市須玉町で自然栽培を行っている小黒さんのにんじん。

Ogurocarrot

きれいに洗って、かじってみたら、やっぱり美味しい。

こういう間違いのないにんじんは、お菓子に入れても安心感があります。


今回は、全粒粉とそば粉を1対1の割合で作ります。

お菓子専用の道具類は不要。

計量カップでざっくり計って、ざっくり混ぜて、焼き型に流して焼くだけ・・簡単です。


卵・乳製品不使用!■全粒粉とそば粉のキャロットケーキ

Sobakocake1_2 

 ◆ 材料 (18cm焼き型 1台分)

  A.  (粉物) 

    全粒粉 1カップ

         そば粉 1カップ

    てんさい糖(or メープルシロップ) 大さじ 2+1/2 ※お好みで調整

    ベーキングパウダー(アルミニウムフリー) 小さじ 1+1/2

    黒ごま 大さじ1

    シナモンパウダー 小さじ 1  (なくてもOK。お好みで加減する。)

  ● 材料をおどんぶり(ボウル)に入れ、スプーンで混ぜる。 粉ふるいもしなくてOK。


  B. (液体部分)

    豆乳 140CC

    なたね油 大さじ 3

    自然塩 小さじ 1/5

    にんじん(小) 3本 ※すりおろしたもの

  ● 材料をおどんぶり(ボウル)に入れ、スプーンで混ぜる。泡立てもしなくてOK。


 ◆ 作り方

  ① A, Bを合わせて、粉の白い部分がなくなるまで。さっくり混ぜる。

  ② 焼き型にオイルを塗って、流し入れる。

  ③ オーブン:180度で、約5分(予熱)

  ④ オーブン:170~180度で、約35分 ※オーブンによって前後約5分にて調整可能


Sobakocake2

須藤拓也さんの鉄釉長皿にのせて。


お家にある材料で、何が入っているか当然わかっているので、安心。

オイルや甘味も自分で調整可能です。


今回は、そば粉を入れたので、しっとり、どっしりとした感じ。

さらに満足感がアップしました。


これからの時期、手づくりの焼菓子・・お薦めです。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年11月24日 (木)

厚揚げの工夫■厚揚げと15の野菜のベジキーマカレー

厚揚げも、一度凍らせることで、食感が少し変わります。

Atsuage1

水分が抜けて、気泡ができて、その分、野菜の旨みを吸収してくれる感じ・・。


いつもの和風の煮物も、ちょっと違った印象になります。

そして、お薦めは、カレーに厚揚げ。

お肉の代わりに入れることで、野菜との相性もバッチリです。


厚揚げの工夫■厚揚げと15の野菜のベジキーマカレー

Atsuage2

 (材料) 厚揚げ 

       玉ねぎ 長ネギ にんじん じゃがいも さといも かぼちゃ レンコン 

              ピーマン トマト かぶ 小松菜 干ししいたけ レンズ豆

              しょうが にんにく 鷹の爪


ご飯は、玄米や雑穀米がお薦め。別のお皿に盛り付けて、黒ごまなどをふって・・。

野菜は、お家にあるもので何でもOKです。


厚揚げを加えることで、コクが加わって、満足感もたっぷり。

ぜひ、試してみて下さい。

美味しいですよ~。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年11月23日 (水)

潔い玄米■廣さんの自然栽培米こしひかり

石川県のJAはくいさんとと羽咋市が、無農薬・無肥料・無除草剤で作る「奇跡のリンゴ」で
話題となった木村秋則氏を塾長として迎え、昨年より開始した「自然栽培塾」。

その第1期生で、現在、富山県氷見市で自然栽培を行っている廣(ひろ)和仁さん。

廣さんは、30歳を期に会社勤めを辞めて農業の道へ・・。

今月6日(日)に羽咋市で行われた「自然栽培フェア」で初めてお目にかかりました。

その時には、白米しかなかったので、後日、玄米を注文。

丁寧な手書きのお手紙が同封されていました。

Hirosangenmai1

生産履歴がわかる資料には、水源、苗づくり、耕起、田植え、除草、水田管理、稲刈り、
収穫、食味検査まで書かれていて、とてもよく理解できます。

こんなに大変な苦労があって、自分の手元に届けられたのだと思うと、
玄米の一粒一粒に、感慨深く、感謝深く。


丁寧に洗って、1.4倍の水量、浸水時間、約6時間。

STAUBさんの鍋で、約1時間の火入れ。

Hirosangenmai2_2

自然栽培米のさらっとした感じと、こしひかりのもちもち感。

粒もしっかり独立していて、潔ぎよい。


なかなか手に入らない、自然栽培のこしひかりなのに、
お値段は、びっくりするほど安い。

廣さん、安すぎます!


自然の恵みと廣さんの努力を、有り難く、美味しくいただきます。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年11月22日 (火)

シンデレラの馬車との格闘?!■かぼちゃのスパイスピクルス

10/31のハロウィンデーにご紹介した、空水ビオファームさんの自然栽培野菜、
”シンデレラかぼちゃ”。

大きい! 直径33cm 周囲は91cm! 

1031pumpkin1_2

空水さんからは、「果肉に水分が多くて、火を入れると、とろとろになってしまう。

ゴハンデザインさんで、いろいろ試してみてください。」と、お預かりすること3週間。


ずいぶんと思案して・・ついにシンデレラの馬車をついに解体。

1120pumpkin1

普通の包丁では長さが足りず、ブレッドナイフを使いました。

ともかく、すごい量。

ハワイ島を思い出して、「オレンジ溶岩」と命名。

香りは、果物の柿のようです。


さて、料理の一つは、試作中のスープ。

Soup3_2

煮込み始めてすぐに、本当に溶けてしまう!

スープには、ちょうどとろみが出て、食べるチャウダーになりました。

クミンとしょうが、カイエンペッパーを効かせて、モロッコ風。


火を入れるのは、なかなか難しいなあと・・やはり、生のまま・・


同じかぼちゃのコリンキーに似ていることもあって、ここは一先ず、
安全なピクルスにします。

シンデレラの馬車との格闘?!■かぼちゃのスパイスピクルス

1120pumpkin2

  (材料) シンデレラかぼちゃ にんじんの葉

        玄米酢 1カップ 水 1カップ 

        自然塩 クローブ コリアンダーシード ブラックペッパー ローリエ


実は、一度目のピクルスは、失敗。

味が馴染みやすいように、熱いピクルス液に入れたところ、すぐに火が通ってしまって、
食感自体、全く変わってしまったため。


結果的には、ピクルス液を冷まして、注ぎ入れました。

2~3日目からの方がきっと美味しいはず。


久しぶりの格闘。

試作中には、何度もかじって、味を確かめて・・。

普通のかぼちゃの大きさの1個分、生のまま、食べた!

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年11月21日 (月)

旬の野菜と果物で■秋冬の10品目雑穀サラダ

先週土曜日の野菜料理教室では、野菜と雑穀のサラダを2種。

雑穀には、ひえ、あわ、きびなどいろいろな種類がありますが、
今回の食材としては、アマランサスと丸麦を選びました。

2つ選んだ理由としては、それぞれの栄養成分の豊富さ。

まず、アマランサスが、カルシウム、鉄などのミネラル、ビタミンE、Bなどビタミン類が
ダントツ1位。

そして、丸麦(押し麦)は、水溶性食物繊維において、アマランサスの約5.5倍、
玄米の約8.5倍。(ちなみに白米は、ゼロ。含まれていません。)

食物繊維のうち、水溶性食物繊維は、腸内でゼリー状になり、血糖値の上昇抑制や
コレステロールの排泄効果があります。


丸麦に、旬の野菜である里芋やだいこん、そして、ひじきや豆、柿!も加えて、
バランスよく仕上げます。


旬の野菜と果物で■秋冬の10品目雑穀サラダ

Marumugisalad1

                         ※器は、石田誠さんの南蛮焼き締め

  (材料) 丸麦 じゃがいも 里芋 大豆   ※それぞれ茹でたもの

        ひじき ※水で戻したもの

        だいこん 玉ねぎ かぶ にんじんの葉   柿 

   (調味) ごま油 有機玄米酢 有機醤油



柿は、富山県氷見市の廣さんが送って下さった自然栽培のもの。

甘さがアクセントになって、全体のバランスにも、重要な役割を果たします。

ごま油や醤油にも、意外と合って、新発見。

ぜひ、お試しあれ!

M

Gohandesign_3 gohan design organic

  

| | コメント (0)

2011年11月18日 (金)

カンブツの活用■切り干しだいこんのアラビアータ

万能食材の切り干しだいこんは、和食以外にも大活躍します。

「オリーブオイル、にんにく、トマト」とくれば、イタリアン!

赤とうがらしを少し効かせて、アラビアータを作ります。


カンブツの活用■切り干しだいこんのアラビアータ

Kiriboshiara

切干しだいこんは、有機のものを使って、戻し汁も捨てずに、少し加えます。

オーガニックの材料を使うことで、あえて、調味料は控え目。

バジルやオレガノなどのハーブを加えると、香りと風味が格段にアップします。


多めに作って、次の日にはペンネと合わせたり、応用も効きますよ。


常備できる食材で、ちょっとした野菜のデリ。

知っておくと、とても便利です。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年11月17日 (木)

贈りものはうれしい■ウスタニ・ミホさんのリネンランチョンマット

起業する時に、大変お世話になったWEB制作会社社長からの贈り物。

知人のアーティストである”ウスタニ・ミホ”さんの作品とのこと。

Usutani1_2

ウスタニさんには、まだお会いしたことがないけれど、
贈り手の方、贈りものを通じて、なんだかつながったような気持ち。

贈りものには、そういう力がありますね。


11/9(水)~29(火)まで伊勢丹新宿店にて「リネンと羊のぬくぬく展」開催中。

Usutani2_3



それにしても、手書きのメッセージカードって、うれしいな!

しっかりやらなくちゃ、と気が引き締まります。

ありがとうございます。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年11月16日 (水)

自然栽培のかぼちゃで■卵・乳製品不使用!豆乳マクロビパウンドケーキ

神奈川県旧藤野町の久保さんの「開墾野菜」、自然栽培のかぼちゃ。

Kubopumpkin1

皮の部分は、白っぽい青緑色。

どんな味がするのだろうと、想像もつかないまま、作業台の上にて。


丁寧に切ってみたら、力強い、濃いオレンジ色でした。

Kubopumpkin2

これは、美味しいこと間違いなし!と、まずは、少々の水で”そのまま煮”。

色もきれいで、とにかく甘い!

お菓子に入れると、甘味も補ってくれて、かっこよく仕上がるはず・・


自然栽培のかぼちゃで■卵・乳製品不使用!豆乳マクロビパウンドケーキ

Kubopumpkin3

 (材料)  作りやすい量   ※18cm焼き型 1本分

       全粒粉 1カップ  米粉 1カップ  てんさい糖 大さじ2+1/2

       ベーキングパウダー 小さじ1+1/2 自然塩 小さじ1/5 黒ごま 大さじ1

        豆乳 140cc  なたね油 大さじ3  かぼちゃ煮

 (作り方) 材料を全部合わせて、型に流し、180度のオーブンで30~35分。


エネルギーのある野菜は、お菓子作りの助けもしてくれます。


寒い日には、こんなふうに自然の色で、より温かく・・。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年11月15日 (火)

自然栽培の野菜で■SOUPを試作中・商品化希望

自然栽培の野菜を使って、2種類のスープを試作中。

商品化に向けて、ぜひ進めたい!

Soup

(原材料:自然栽培の野菜) ※敬称略

・空水ビオファーム八ヶ岳         玉ねぎ キクイモ 赤唐辛子

・ときざき まごころ農園         にんじん かぶ

・富山県氷見市 廣 和仁さん       さといも ピーマン

・富山県氷見市 廣 英信さん       じゃがいも

・神奈川県旧藤野町 久保さん  だいこん

・ポコ・ア・ポコ農園                  にんにく

(その他:オーガニック) ホールトマト しょうが 干ししいたけ レンズ豆 各種スパイス



取り急ぎ、手元にあったお野菜にて作りました。

次回は、豆類やスパイスも、できれば自然栽培のもので。


スープの名前にも、たくさんの意味を込めています。

SOUPのストーリーが、これを飲む人にも受け継がれていくように・・

早く実現させたいなあ。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年11月14日 (月)

野菜でスイーツデリ■さつまいもとレーズンのアーモンドミルク煮

先日のbiofach オーガニックEXPOでは、たくさんの出会いがありました。

京都市に本社のあるプレマ株式会社の久野さんも、そのうちのお一人。

久野さんは、プレマさんの商品の大ファンが高じて入社、東京から京都へ・・!

プロモーションにも、商品に対する愛情が込められていて、とても素敵だなと思いました。

さて、久野さんから紹介していただいた商品の一つ、”Ecomil”。

Ecomil1_2 

ヨーロッパやアメリカなどのオーガニック市場では、すでに高く支持されている
「アーモンドミルク」。

牛乳に代わる植物性のミルク飲料として、また、大豆アレルギーがあって豆乳を飲む
このできない方にもお薦めのこと。

パウダータイプは、水に溶いてそのまま飲んだり、お菓子やお料理に使ったり・・。


久野さんから、「何かお料理やお菓子のアイデアがあれば・・」とのことでしたので、思案。


自然栽培のさつまいも(久保さん作)とオーガニックのレーズンを材料にして作ります。

Kubosatsuma_2 


野菜でスイーツデリ■さつまいもとレーズンのアーモンドミルク煮

Ecomil2_2 

 (材料)  さつまいも小3本 オーガニックレーズン小さじ2  水  Ecomil 大さじ1+1/2

 (作り方) 乱切りしたさつまいもをひたひたの水で煮る。

        箸がすっと通るくらいになったら、レーズンを加える。

        仕上げに、Ecomilと水を少量加えてなじませて完成。


アーモンドには、抗酸化作用があるビタミンEが多く含まれています。

老化抑制や生活習慣病を予防する効果があり、特に、皮膚の老化を引き起こす
フリーラジカルから細胞を守るといわれています。

カリウムやマグネシウム、カルシウム、リン、鉄、銅などのミネラルも豊富。


レーズンのほのかな甘味とアーモンドの風味が加わって、いつものさつまいも煮が
ちょっとヨーロッパ的!?

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年11月11日 (金)

自然栽培の野菜■焼きネギと油揚げのぬた和え

相模原市 旧藤野町の畑にて、無農薬・無肥料で育った自然栽培のねぎ。

木村式自然栽培法実践塾第1期生の久保さんからいただきました。

「あまり出来がよくなかったけれど・・」という久保さんのコメント。

緑の部分もきれいにして、土を落として洗ってみると、なんとも美人さんです。

Negi1_2


ちょっとかじってみると、えぐみも一切なし。

薬味としてはもちろんのこと、自然な甘味も十分に生かした料理にしたい・・

久保さんから”どうにかなるかなあ”と、譲り預かったこともあって、
「よし、美味しくしてあげようじゃないか!」と、いっそういろいろと考えを巡らせました。 

いつもどおりに、身近にある簡単な材料で、簡単な方法で。


今回は、油揚げと一緒に合わせて、ぬた和えにしてみます。

自然栽培の野菜■焼きネギと油揚げのぬた和え

Negi2

 (材料)  ねぎ 油揚げ  麦みそ:酢=1:2 (てんさい糖少々)

 (作り方) ねぎ、油揚げをグリルやオーブントースターなどで軽く焼く。

       合わせ調味料となじませて、完成。


軽めに焼く(あぶる)ことで甘味を引き出し、水分を残しながらも、香ばしさをプラスします。


箸休めの一品として。

また、葉物が少なくなるこれからの季節に、旬のねぎ料理としてもお薦め。

ものすごく簡単ですが、美味しいです。(なかなかいけると思います、久保さん。)

ぜひお試し下さいませ。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年11月10日 (木)

”ありがとう”の意味■自然栽培の温州みかん

愛媛県松山市中島の果物農園の”長盛園”。

俊成洋一さんが自然と調和した循環型農法でフルーツを育てていらっしゃいます。

お嬢さんのちはるさんと出会ったのは、築地本願寺の安穏朝市。

こだわりの温州みかんは、なんと自然栽培のもの。

Mikan1

大きな台風がきて、ほとんどの木々がダメになった時に、残っていたのは、
手を加えない土地に育っていた、自然のままのレモンの木が数本だったそう。

それからは、周りの批判や反対もあるにも関わらず、できるだけ自然な形で
果物を育てることに方向転換されたとのことでした。

そのこだわりや歴史、苦労・苦難のお話しと共に、手渡して下さったみかん。

大事に食べなくちゃ。

Mikan2

チラシには、大きく”ありがとう”の文字。

”有り難い”の意味は、
「存在がまれである、むずかしい。なかなかありそうにない。めったにない。」

その言葉どおり貴重なみかんを有り難く感謝していただきます。


皮も、捨てずに、大切に・・

最初はジャムに・・と思いましたが、ちはるさんの「干して使ったみて下さい。」という
アドバイスを受けて、天日干し。

1週間くらいで、からからになります。

Mikan3

こまかく刻んで、ドレッシングに入れたり、ケーキに加えたり・・いろいろと活用中。


”まるごと全部”の法則。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (2)

2011年11月 9日 (水)

簡単計量!■1スケール豆乳みそケーキ

”パウンドケーキ”。

長方形の焼いたケーキのことを、総称してなんとなく使っていますよね。(私もそうです。)

その名前の由来・・

実は、小麦粉、バター、砂糖、卵を、それぞれ同量、1ポンドずつ使って作ることから、
「パウンドケーキ(pound cake)」と名付けられたと言われています。

フランス語でも、カトル・カール(Quatre-Quarts)、「四分の四」。

4つの材料を同量ずつ(1×4=4)使うことを意味しています。


きっと材料を計る手間を省きたかったのだろうな。


とはいうものの、実際にその由来、名前どおりに材料を使うと、大変なカロリー・・

さらに、”No Milk,  No Egg”で作るとなると、それに代わるものをどうするか・・


というわけで、発想を変えて、計量自体をそろえて、簡単に作りやすくする方法で!

1カップ、1スプーンを基本として作ります。

簡単計量!■1スケール豆乳みそケーキ

Misocake

 (材料) 薄力粉 1カップ(100g)

       豆乳 100cc

              なたね油 大さじ1

              白ゴマ 大さじ1

              きなこ 大さじ1

      メープルシュガー 大さじ1

              豆みそ 小さじ1

             ベーキングパウダー(アルミニウムフリー) 小さじ1

      ※ 流し入れると、量は、18cmの焼き型であればちょうど半分くらい。

   ※ オーブン180度で約25分


全部の材料を、1カップ、1スプーンで計量!


仕上がりは、蒸しパンみたいな軽めの食感。 食べ過ぎに注意。

お味噌を入れることで、香ばしさとコクが加わります。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年11月 8日 (火)

QUON(クオン)というCulture■クレコスさんのお取り組み

先週6日(日)には、石川県羽咋市で行われた日本初の『第一回全国自然栽培フェア』へ。

大雨にも関わらず、全国各地から多くの農家さんや関係者が集まり、
FBで知り合った顔を探したりしながら、至るところで輪ができて、挨拶、情報交換。

”JAはくいさん”が築き上げてこられた地元の一般の方の高い関心も、
しっかりと伝わってきて、奇跡のリンゴの木村秋則さんもおっしゃっていたように、
正にルネッサンス的に、ここから何か起きるような、実に貴重なイベントでした。


大阪の化粧品メーカー、株式会社クレコスの副社長 暮部さん、M&P中山さん、中本さん
との出会いもありました。

国産ワイルドクラフトコスメの”QUON(クオン/久遠)”をプロダクト。

リーフレットには、とても良いことが書かれていて、ちょっと長くなりますが、
一部抜粋/転記にて掲載させていただきます。

 ◆ ・・日本に残された自然と共生しながら、次の世代のための利益を生み出す
   サスティナブルなプロダクトを、国内のさまざまなパートナーシップで発信していく・・

 ◆ 奈良・大和高原で広がる耕作放棄地を「自然農」で再生する健一自然農園と
   連携し、自然農栽培の大和茶を化粧品の成分として活用する。

 ◆ 障がいのある人が働く授産施設で植物素材からウォーターを蒸留して化粧品に
   配合。また、授産施設のオリジナル商品をプロデュースし、障がいのある人の
   雇用と自立を支援する。

 ◆ 森林保護のために特定の山から間伐材を切り出し、その木を使った紙をパルプ
   から製造し、化粧品パッケージの紙として利用します。

 ◆ ・・農業と商工業が協力して新しいプロダクトやサービスを開発し、日本国内の
   地域や産業を活性化する取り組み・・

  Quon

クレコスさんに出会って、QUONを知って、まず最初に浮かんだことばが、
”culture(文化)”、”cultivate(耕す)”ということ。

”culture(文化)”は、ラテン語の”colere(耕す)”に由来します。

「土地を耕すこと」の意味から、英語に派生した際に、
「心を耕すこと」、そして、「教養」「文化」も意味するようになりました。


クレコスさんのお取り組みは、自然や土、地域、そして心を耕すこと・・正にcultivate。

新しいcultureの創造。


荒れた畑を耕しての自然農栽培で育てたお茶を素材として使い、
障がい者の方たちの雇用を生み出し、森林保護の目的としたパッケージ、
地域の活性化もしっかり位置づける・・

本当に素晴らしいです。

ブランドのサイトがあります。

ぜひご覧になってみて下さい。

www.quon-cosme.jp

M

Gohandesign_3 gohan design organic

(参考)

オーガニックコーディネーターで学んだことの一つに、”経皮性吸収”があります。

とかく口にするもの、食品の”経口摂取”だけに関心がいきがちですが、
つまり、何気なく、直接肌につけているコスメティック製品から、健康に有害な化学物質を
皮膚から体内に吸収しているかもしれないということです。

毎日の暮らしの中で、体内にどんなものを取り込んでいるか・・

食材・食品だけでなく、化粧品や香水、香料、住宅など建築の資材など、
もう少し視野を広げて、安全なものを選ぶ視点を持ち合わせたいと思います。

| | コメント (0)

2011年11月 7日 (月)

小松菜の葉は丸い!■にんじんセサミラペと小松菜のベジロール

山梨県北杜市長坂町、ときざき まごころ農園さんの無農薬・無肥料の野菜。

30年以上も、落ち葉がそのまま堆積した場所が残っていて、そこから自然栽培を
スタートされたとのこと。

個性的な野菜の数々。

種も、固定種・在来種のものをこだわって選んでいらっしゃるそうです。

●丸葉小松菜(固定種)

Tokizaki1

小松菜というと、長方楕円の葉の形が一般的ですが、丸葉で、淡緑色が元来の姿。

大きなものの直径は、なんと18cmもあります。


● 黒田五寸人参(固定種)

Tokizaki2

昭和10年長崎県大村市の農家、黒田正氏が育種。

雄性不稔でない種(子孫を作れる種)とのこと。

にんじんが本来持つ香り、旨み、すっきりした甘味があります。


今回は、この小松菜の丸い形をそのまま閉じ込めるように、
にんじんは、少しコクのあるラペにして、シンプルなベジロールにします。

■にんじんセサミラペと小松菜のベジロール

Tokizaki3_2

   (材料) ライスペーパー 丸葉小松菜 にんじんセサミラペ 白・黒ごま

 (にんじんセサミラペの材料)

      にんじん 中1本

      タヒニ(白ごまペースト) 小さじ1

      白すりごま 小さじ1 

      塩 小さじ1/3~1/2

      玄米飴 小さじ1/2 ※小さじ1のぬるま湯で溶く

      豆乳 小さじ1

      すべてを合わせてペーストを作り、千切り(しりしり、スライサーなども)した
      にんじんに合わせる。

Tokizaki4_3

                            ※器は、尾形アツシさんの角皿

ニンジンセサミラぺは、パンにも合います。

水分が多く出る場合でも、栄養がたっぷりなので、捨てずに全部いただきたいもの。

すりごまを加えて調整するなどの方法も、おすすめです。


最近では、野菜を選ぶ時に、無農薬・無肥料であることはもちろんのこと、
種のこともお聞きするようになりました。

その土地に元々根付いてきたもの、日本の風土に合った固定種・在来種の種には、
自ら芽を出し、葉、実を付け、次の世代を残そうとするエネルギーが蓄えられています。

小さな種の物語。

野菜のストーリーは、料理をしてそれを食べる私たちに、そっと引き継がれます。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年11月 5日 (土)

感動する玄米■はくいの自然栽培米

先日、ようやく手に入れることができた「はくいの自然栽培米」。

Hakui1

無農薬・無肥料・無除草剤のH23年の新米・玄米。

田口ランディさんの書によるパッケージデザインもかっこいい!



固い粒自体は、他の有機玄米と比較しても変わりなかったのですが、
5時間ほど水に浸してみてその違いがはっきり・・

Hakui2

粒の一つ一つが、しっかりと水を含んで、息を吹き返したよう。とてもきれいです。

これなら水分を控えた方がいいかもしれないと、炊く直前に、
浸水(1.4倍量)していた水を少し減らしました。


炊き方は、いつもどおり3合で、弱めの中火15分→蛍火40分→蒸らし15分。

Hakui3_2

でき上がりは、もっちりとした食感。

自然な甘味と力強さ。

その味に合うように、石田誠さんの焼締の飯碗を選んで盛り付けます。


農家さんのご苦労とこだわりが伝わってくる玄米。

感謝して、有り難くいただきます。


明日は、このお米の生産地である石川県羽咋市へ。

日本初!第1回全国自然栽培フェア』が開催されます。

奇跡のリンゴで有名な木村秋則氏の講演も!

http://jagreensanchoku.blog99.fc2.com/blog-entry-76.html


車で、東京から往復923kmの旅。

日帰りでの強行スケジュール!

自然栽培をされていらっしゃる農家さんとの交流を楽しみに行ってきます。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (2)

2011年11月 4日 (金)

2011 BioFach オーガニックEXPO

昨日は、東京ビッグサイトで開催された「2011 BioFach オーガニックEXPO」へ。

Biofach1

国内外100社を超える企業や団体のブースは、個性豊かなオーガニックの食材や食品、
酒類などが並び、たくさんの人たちで盛り上がっていました。

いろいろな生産者の方、メーカーさんと会話をして、情報交換。

本当に貴重な機会でした。


それにしても、海外の商品は、かっこよくて、合理的!

簡単にですが、一部紹介してみます。



■オーストリアのPölzer Spezialitäten 社のオーガニックマスタード

種類豊富!ふたの上に本体を載せることができて、場所を取らないパッケージデザイン。

Biofach2

本国からいらっしゃっていたTinoさんにお聞きしたら、「特に、何も意識していないよ。」
とのこと。

この当たり前感が、すごい。


■Sel Marin フランスの粗塩

フレッシュなハーブがたっぷりMIXされていて、パッケージも飾らず、日常づかいの
スタイル。

Biofach4 


■インドの”HARI CRUNCH”

BOXタイプのパッケージに入ったオーガニックシリアル。

Biofach3_2

ナッツやドライフルーツの他にスパイスが入っていて、心身のバランスを整えることに
意識したラインナップ。さすが、インドらしい。


それにしても、日本では、それが ”こだわり” と強くアピールしてしまいがちのことが、
ヨーロッパをはじめ、諸外国では、すでに、”普通のこと””当たり前のこと”。

その先の新しいことにチャレンジしていて、特徴的だったのは、
特にヨーロッパのメーカー各社を中心に、徹底して環境のことを考えている・・。


日本は、どうなのか・・どうすればいいのか・・どうなるのか・・


まずは、どんどん世界のオーガニック・bioの商品を使ってみることも一つ。

自分自身のライフスタイルに取り入れることで、いろいろ見えてくるはずです。


たくさん知って、たくさん学んで、目指せ!世界に誇ることのできる日本の商品開発!

使う人、食べる人の立場で、心ある生産者と心あるメーカーさんと、そして、
デザイナーやプランナー、ブレインがたくさん集まって、意義あるものを作りたい!

心に誓うのであります。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (2)

2011年11月 3日 (木)

ホームべーカリーでつくるパン■アマランサス・パンドゥミ

南米産ヒユ科の穀物、「スーパーグレイン(驚異の穀物)」と呼ばれる”アマランサス”。

Amaranthus1

たんぱく質や脂質、ミネラル、食物繊維などが豊富で、その栄養価は卓越。

他の穀物に比べて、カルシウム、鉄分、必須アミノ酸であるリジン、メチオニンなどの
含有量も数段上で、注目されている雑穀の一つです。

煮たり、蒸したりすると粘性を生じるので、ご飯に炊きこんだり、スープにしたり、
うどんやパン、クッキーに入れたりなど、他の食材となじみやすい性質があります。

粒が非常に小さいため、洗う場合には、目の細かい茶こしなどを使って・・

雑穀は、目に見えにくいですが、汚れがたくさんついているので、丁寧に洗って下さい。



さて、今回は、パンを焼く際にちょっと加えて・・

ホームべーカリーでつくるパン■アマランサス・パンドゥミ

Amaranthus2

 (材料) 強力粉 140g 準強力粉 80g 全粒粉 20g ライ麦粉 20g 

       自然塩  5g     モルト 1.5g ドライイースト 1.5g 冷水 190g

      アマランサス 大さじ1 


アマランサスは、熱が入ると、透明になってしまうので、見えにくいです。

それでも食べると、プチプチした食感。

栄養価を高めるちょっとした工夫も、楽しい!

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年11月 2日 (水)

STAUBの鍋で炊く■基本の玄米ご飯(秋)

東京も、だんだんと気温が下がってきて・・そうかと思うと、日中は夏日?!

水の温度が低めになった時には、玄米ご飯の炊き方も、少し変える必要があります。


STAUBの鍋で炊く■基本の玄米ご飯(秋)

Genmaigohan_3

 ■ 基本

 (浸水時間) : 4~8時間   ※ 夏の時期は、1~2時間でもOK

 (水加減 )   : 玄米の1.4~1.6倍  ※1.5倍で、比較的柔らか目です。

 (塩)       : 自然塩 少々 ( 玄米3合対して、小さじ1/4程度 )

 ■ STAUBピコラウンド20cm使用 3号合炊きの場合

 ① ボールに計量した玄米を入れ、浄水で洗う。

   硬い玄米には、水分がすぐ入るので、1回目の水がとても重要。

   ”とぐ”というよりは、表面の汚れを取る程度に、”洗う”。

   ※マクロビでは、両手を使って玄米を洗うこの方法を
    ”拝み洗い(おがみあらい)”といいます。手のエネルギーを込める?!

    汚れが水と一緒に玄米の中に入ってしまわないうちに、水を取り替え、
   同様に、
2~3回繰り返し、ざるにとって水気を取る。

 ② ①の玄米に、分量の水と自然塩を入れ、ふたをして、中火にかける。

   中火の時間の目安は、火加減にもよるが、約12~15分くらい。

   ふたを取らないので、、煮たったかどうかの判断は、音と少しの湯気と香りを頼りに。

 ③ 煮たったことを確認できたら、極弱火(蛍火)にする。

   極弱火(蛍火)の時間の目安は、約40~50分。

  ④ 火を止めて、コンロの上で、約10~20分ほどそのまま。

 ⑤ コンロから鍋を下ろし、粒がつぶれないように、上下を返して混ぜる。(天地返し) 


圧力鍋に比べて、やや軽めの炊き上がりで、少し冷めるとつぶつぶ感があります。

土鍋でも、ほぼ同様に炊くことができますし、玄米モードのついた炊飯ジャーでも
手軽です。

一度に食べきれない場合は、一食分ずつ小分けにして、冷蔵ではなく、冷凍保存に。


これからの季節、気温が下がってきますので、浸水時間を多めにするか、
あるいは、蛍火にかけておく時間を長くするかで対応します。

浸水中のボウルを暖かい場所(コンロの近くなど)においておくなどの工夫もいいですよ。

Staub1_2

M_3

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年11月 1日 (火)

アンチョビなしで、手づくりソース!■いろいろ野菜のマクロビバーニャカウダ

先週末のマルシェで、美味しい野菜をたくさん調達。

せっかくなので、生のままいただくことに・・。

それぞれの野菜の特徴を知ることで、次の料理にどう生かしていくかを、確認できます。

味噌や塩を少しつけていただく方法もいいですが、時には、バーニャカウダで!

一般的には、アンチョビを使いますが、身近にある材料、植物性の食材だけで、
塩分控え目、野菜の風味を生かしたソースを作ることができます。


アンチョビなしで、手づくりソース!■いろいろ野菜のマクロビバーニャカウダ

Bagnacauda1

 (材料)  いろいろ野菜 ※生 / 蒸したもの / ローストしたもの

   (ソース) ※ 目安:2人分×3回分

        ※ 鍋に入れる順番に材料を記載

       オリーブオイル 大さじ1

       にんにく     小ぶりの一玉 (1/3はみじん切り 2/3はすりおろし)

       (火を止めて、少し冷ましながら、オイルが落ち着くのを待つ)

       干ししいたけ   1/2個 

       ナッツ(くるみやパンプキンシードなど) 適量 ※炒ってすり鉢で摺ったもの

       (再び、蛍火)

       水           大さじ2

       麦みそ      小さじ1+1/2  

       豆乳       大さじ1

       (とろみが出るように、なじませながら軽く火を入れ、完成)

Bagnacauda2


オイルを控え目にした分量にしてあります。

マクロビ/ベジタリン向け、アンチョビが苦手な方にもお薦め。

にんにくが気になる方は、直接つけながら食べるのではなく、
ボウルにざくざく切った野菜や温野菜、ソースを少量。和える方法がいいかもしれません。

パスタに入れたり、パンに塗って野菜をのせてトーストしたり・・

応用の効くソースです。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »