« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月29日 (木)

心のゆとりとジャム作り■自然栽培レモンジャム

年末なので、仕事の追い込みを掛けたり、大掃除もしなくちゃ、片付けも・・と、
なんとなく気ぜわしく・・。

そんな時には、ジャムを作ります。

自然栽培のレモンなので、皮を使うにも、その安心感は大きい!

Lemon1_2



ほろ苦さと酸っぱさも生かすように、やわらかい甘さのてんさい糖を使って・・

■自然栽培レモンジャム

Lemon2_2

 (材料) レモン てんさい糖 

      ※甘さの目安は、一般的に、レモンの総重量の20~40%くらいでしょうか。

        今回は、10%で。ちょっと酸っぱい。



部屋の中にさわやかな香りが広がって、ちょっと得をした気分。

色もきれいで、心も穏やかになります。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月28日 (水)

頼れる石けん■SONETT シミ抜き用固形石けん

オーガニック洗剤のSONETTさんの「ナチュラルゴールコープバー」。

以前、輸入代理店のおもちゃ箱さんのご担当者に、「ぜひ使ってほしい商品は何ですか?」
とお聞きした際に、「たくさんありますが、これは感動します。」と薦められたもの。

Sonett1_2 

成分:石けん素地(パーム油・ヤシ油)、牛の胆汁、 葉緑素

”牛の胆汁”?!

一瞬ひるみましたが、牛の胆汁には乳化作用があって、伝統的な洗浄剤の一つとのこと。

昔、ヨーロッパの肉屋ではこの胆汁を使って店の掃除をしていたそうです。


使い方は、石けんもしくは衣類のしみ部分をぬらし、石けんをこすりつけ少し置いてから、
洗うだけ。

脂、果汁、草の汁、血液、泥、ボールペンなどのしつこいシミに有効に働きます。


お気に入りのリネンのふきんについたお茶のシミや、その時には全く気が付かなかった
食べこぼしのシミなど、時間が経ってしまったものでも、あきらめずに!

ぬるま湯とこの石けんを使って丁寧に洗うと、びっくりするくらい、かなり落ちてくれます。


年末のお掃除にも大活躍。

本当におすすめです!

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月27日 (火)

和のお惣菜の定番■あらめと野菜の卯の花

クリスマスも終わって、いよいよ年末ですね。

食事も、なんとなく暴飲暴食気味、偏りがちだった人も多いのでは・・。

これから先も、忘年会の終盤、年越しのごちそうやおせち料理と続いてしまうので、
このタイミングで、一度、普通の食事でリセットする方法がお薦めです。

身近な食材である”おから”。

Okara1

低カロリー、高たんぱく質。

食物繊維が豊富。

体内の有害物質(コレステロールなど)を吸収、排泄してくれます。


この時期、体調を整えるための工夫として、「排出度」を高めることも大きなポイント。

おからは、うってつけの食材です。

また、薄味の和のお惣菜を作り置きしておくと、食事のペースや量が、
コントロールしやすくなります。


和のお惣菜の定番■あらめと野菜の卯の花

Okara2

 (材料)  おから あらめ(orひじき) 野菜(にんじん、かぶ、ごぼう、なんでも)

        ※あれば、油揚げや豆の水など

 (調味料) 天然醸造しょうゆ


野菜の甘みとあらめ(orひじき)のコクで、調味料は、しょうゆのみにします。


あえて、自然な味付けにすることで、味覚を健康に・・


体調・自己管理のために、味覚を正常な状態にしておくことは、とても重要だと考えます。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月26日 (月)

冬の野菜で!■あっさりビーガンキムチ(冬)→韓国お惣菜サラダ

冬の野菜の甘みを引き出して、味わう工夫の一つにお漬物があります。

とうがらしを効かせると、からだもぽかぽか。

代表格の一つ、キムチ。

一般的には、魚介系のアミノ酸が入っていますが、
今回は、植物性材料のみ、ビーガン仕様で作ります。


茨城のポコ・ア・ポコ農園さんのミニ白菜と紅芯大根で・・

Vegankimuchi1_4 


Vegankimuchi2 



冬の野菜で!■ビーガンキムチ(冬)→韓国お惣菜サラダ

Vegankimuchi3

 (材料) 白菜 紅芯大根 カブの葉 にんじん(千切り)

 (調味) オーガニックカイエンペッパー しょうゆ 自然塩 てんさい糖
       にんじん(すりおろしたもの)


とうがらしの辛味は、少量のてんさい糖とすりおろしたにんじんの甘みで
まろやかにします。


食べる時に、ごま油と白ゴマで和えてもOK。

コクが加わって、しっかりとした韓国風お惣菜になります。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月23日 (金)

冬の緑黄食野菜の栄養素をそのまま!■春菊のクリスマスサラダ

春菊は、冬が旬の緑黄色野菜。

きれいな色を生かしたサラダを一品。


■春菊のクリスマスサラダ

Mominokisalad_2

 (材料) 自然栽培(or有機)の春菊  ゆず  ピンクペッパー

       アップルビネガー マスタード 自然塩

下茹での必要がないので、栄養素の損失が少ないもの利点の一つ。

春菊は、小松菜やほうれん草をしのぐ栄養素を含みます。

β-カロテンやビタミンB2、Eが、ミネラルでは、カリウム、カルシウム、鉄分が豊富です。

ただ、意外なことにビタミンCが少なめ。

ゆずやグレープフルーツなどの柑橘類を有効に使って、ビタミンCを補うことで、
β-カロテンやビタミンB2の抗酸化作用を高めることができます。


ギザギザの葉の形が似ているので、クリスマス”もみの木サラダ”!

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月22日 (木)

■アマランサスとにんじんのヘルシーパスタ

「スーパーグレイン(驚異の穀物)」と呼ばれる”アマランサス”。

たんぱく質や脂質、ミネラル、食物繊維などが豊富で、その栄養価は卓越。

Amaranthus1

茹でると、プチプチとした食感になります。

ちょっとたらこみたい。


今回は、パスタで!

■アマランサスとにんじんのヘルシーパスタ 

Tarakopasta_2

 (材料) アマランサス にんじん パスタ だいこんの葉

      オリープオイル  豆乳  味噌  自然塩 こしょう 植物性ブイヨン


にんじんは、すりおろして使います。

もどき料理は、あまり作りませんが、これは、本当にちょっとたらこ風?


組み合わせの妙・・

どんなふうになるのか、楽しく料理できます。

ぜひお試し下さい。美味しいです。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月21日 (水)

冬のボディケア■SPEICK ボディオイル

冬は、お肌が乾燥します。

顔は、保湿しなくちゃと気にする方でも、特に男性の場合、
身体のケアは何もしないことが多いみたいですね。

理由は、何か塗るとベトベトする、ともかくめんどう、ということのようで・・。

我が家でも、夫になんとか使ってもらえるものはないかといろいろと探し、
現在、このオイルを使用中


■SPEICK ボディオイル

Speick

”SPEICK”は、商品ブランド名であると共に、人が用いた最も古いハーブの一つだそう。

http://www.logona-friends.jp/speick/feature.html


オーストリア・アルプスの標高1800メートル以上にのみ育つ真正スパイクを想像すると、
それだけで貴重で、なんとも効き目がありそうです。


使い方は、簡単。

お風呂上りに、水滴のついた状態で、手に取ったオイルを身体全体になじませるだけ。

水分と油分がちょうど混じり合って、さっぱりとシンプルな香りもちょうどいい。

いまどき珍しく、ガラスの瓶に入っているところもマル。です。


夫婦二人暮らしの我が家では、シャンプー類は、もちろんのこと、
基礎化粧品もすべて共有。

肌の調子で、体調の変化もわかるので、できるだけ同じものを使うことも、
健康管理の一つの方法かもしれません。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月20日 (火)

ぬめり成分に薬効■さといものカレーと玄米おにぎり

五島列島で農業をされている”なの花(なのか)”さんのさといも。

Nanokasatoimo1_2                          

南九州特産の「赤芽大吉芋」というそうです。

ふっくら、ほくほくとした舌ざわりと、独特のまろやかな味。


その食感を味わうには、大ぶりに使って・・

■さといものカレーと玄米おにぎり

Nanokasatoimo2

 (材料) さといも だいこん にんじん じゃがいも 玉ねぎ ごぼう レンズ豆 

      しょうが にんにく 鷹の爪


さといもを際立たせるために、その他の野菜は、サイコロ状に切ります。

玄米ご飯もおにぎりにして、別添えに・・。


さといもは、いも類の中では、カロリーが低め。

ぬめり成分であるガラクタンとムチンには、免疫力を高める作用があります。

カリウムも豊富で、余分なナトリウムの排出を促す作用があり、高血圧の改善にも
役立つと言われています。



ブログアップが少し遅れてしまいました!

さといも・・やっぱり美味しいですね。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月19日 (月)

果物で料理!抗酸化力アップの工夫■富有柿の白和え

柿は、栄養価の高い果物。

Kaki

                         ※富山県氷見市の廣さんの自然栽培の柿

ビタミンCは、みかんの約2倍に相当する豊富さです。

風邪のウイルスの働きを抑え、感染症の予防にも効果があると言われています。

また、渋みのもとであるタンニンは、アルコール分解作用を持ち、二日酔いにも効果的。


ビタミンEを含む食材と合わせると、ビタミンCの抗酸化力がさらにアップします。


よって、お豆腐とすりごまを使ってひと工夫。


果物で料理!抗酸化作用アップの工夫■柿の白和え

Kakishiraae_2 

 (材料) 柿 木綿豆腐 白すりごま 自然塩

自然塩をほんの少し加えると、柿の甘味がいっそう引き立ちます。


色もきれいで、ちょっと甘くて、・・

箸休めの一品としても、おすすめ。


栄養価を高めるために、野菜と食材を組み合わせる工夫・・

少し意識することで、さらに健康的に、美味しくなります。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (2)

2011年12月16日 (金)

スイーツの工夫■自然栽培生姜シロップと穀物パン&豆腐クリーム

空水ビオファーム八ヶ岳さんの自然栽培生姜を使ったジンジャーシロップ。

Soramizushoga1

他のものと違って、グラニュー糖ではなく、てんさい糖を使っているので、
上品な甘さです。

しかも農薬を使わず、堆肥も与えずに生産された自然栽培の生姜が原材料なので、
安心感は抜群。

熱いお湯で溶かして飲むと、生姜の風味とほのかな甘味で、身体がほっと温まります。

また、クローブやニッキ、ローリエなどのスパイスも入っているので、
我が家では、豆乳チャイラテに入れて、風味とコクをプラス。 美味です・・。


空水さんでは、ナッツやごまのたっぷり入った自家製小麦の天然酵母パンも
作っていらっしゃいます。

Soramizubread_2 

今回は、この2つを使って、簡単スイーツ。

パンをこんがり焼いて、あついうちに生姜シロップに浸して、できます。

手づくりの豆腐クリームも添えて・・


スイーツの工夫■自然栽培生姜シロップと穀物パン&豆腐クリーム

Soramizushoga2

 ◆豆腐クリーム 

 (材料)  木綿豆腐 生姜シロップorメープルシロップ 白すりごま 塩 豆乳

 (作り方) 豆腐を水切りして、すり鉢でなめらかにする。

        材料をお好みで適量合わせる。 ※マクロビ・ベジタリアン仕様


ちょっと甘いものがほしい時に、少しお腹が空いた時に、ちょうどよい。

簡単工夫スイーツです。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月15日 (木)

自然栽培の野菜■カリフラワーの温かいサラダ クミンシードの香り

山梨県北杜市須玉町、小黒農場の小黒さん。

有機農作物を安定的に生産しつつ、自然栽培に挑戦し、地元のリーダーとしても、
活躍されている方。

写真は、小黒さんの農場でできた見事なカリフラワー。

Ogurocari1

つぼみがしっかりと、固くしまっていて、しみがなく真っ白。

生で食べると、とても甘い!このまま一房食べてしまいそうでした。


カリフラワーは、野生のキャベツの改良種として生まれたもの。

そのため、形はブロッコリーに似ていますが、キャベツにより近い野菜です。

ビタミンCは、キャベツの約2倍。茎の部分に多く含まれます。

下ゆでも、お湯でグラグラ煮てしまうのではなく、蒸し器などがおすすめ。


今回は、鍋を使ってオイル控えめ、水少々で蒸し煮炒めをする方法で・・・

■カリフラワーの温かいサラダ クミンシードの香り

Ogurocari2

 (材料)  カリフラワー にんにく オリーブオイル 自然塩 ペッパー クミンシード

 (作り方)  鍋を温め、少量のオリーブオイルとみじん切りのにんにくを入れる。

         中火にしてにんにくに香りが出てきたら、適度な大きさにしたカリフラワーを
        入れる。

        カリフラワー全体にオイルとにんにくがなじんだところで、水を少量。

        鍋のふたをして中火~弱火で約3~5分程度、蒸し煮の状態にする。

        塩とペッパー、クミンシードを適量入れて、ふたをする。

        少し置いて味がなじんだら、出来上がり。


栄養分を逃さない調理法。

少ないオイル、自然塩だけで、野菜の甘味をぐっと引き出します。

スパイスの香りがほんのりする温かいサラダです。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月14日 (水)

ホールフーズ活用法■自然栽培みかん風呂

愛媛県松山市中島の”長盛園”、俊成洋一さんのこだわり温州みかんは、
農薬も使わず、堆肥も与えない土壌で育った自然栽培のみかん。

Mikanburo1_2

もちろんノーワックスなので、中身を美味しくいただいた後は、皮も捨てずに、
天日に干して、安心して使うことができます。

先日ご紹介したように、皮は刻んでからお漬物に入れたり、
パンやお菓子の材料として活用します。
http://gohandesign.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-460e.html

Mikan3


そして、寒い日には、みかんの皮をお風呂に入れて・・

Mikanburo2

身体の芯から温まります。

ほのかな香りも広がって、心もほんわか。


口から入るもの、食べるものだけに感心がいきがちですが、
実は、経皮吸収も、重要なポイント。

化粧品や整髪料、入溶剤など、何を選ぶべきか・・

皮膚から吸収される物質のことについても、ちょっと意識を持つ・・

これまでと違った角度で、使うものを選んだり、表示をしっかり確認したりするように
なるかもしれません。

そういう意味においても、オーガニックや自然栽培の農産物が原材料であること。

この安心感は、大きいです。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月13日 (火)

だいこんの葉とごま油の香り■冬の炊き込みだいこん飯

だいこんの葉には、ビタミンCがたっぷり。

自然栽培では、堆肥を使わないので、葉の部分もすべて美味しく食べることができます。

Soramizudaikon1

              ※空水ビオファーム八ヶ岳さんの間引きだいこん

だいこんの葉は、お漬物や煮物、カレーなどにも大活躍。

色もきれいで、元気が出ます。


時には、いつもと志向を変えて、炊き込みご飯もいいですよ。


だいこんの葉とごま油の香り■冬の炊き込みだいこん飯

Soramizudaikon2

 (材料)  玄米 だいこん だいこんの葉 干ししいたけ

        しょうゆ(大さじ1/1合)   ごま油 少量

 (作り方) 玄米を洗って水に浸しておく。(冬場;約5時間以上)

        干ししいたけは、水に戻して、千切り。

        だいこんは、サイコロ状に切っておく。

                玄米に、だいこんと干ししたけ、しょうゆを入れて炊く。

        炊き上がったら、粗みじんにしただいこんの葉とごま油入れて、蒸らす。

        できあがり。


Soramizudaikon3


Soramizudaikon4

だいこんの葉を最後に入れることで、きれいな色を保つことができます。

ごま油も、ほんのりコクを出してくれて、満足感もアップ。

にんじんなど他の野菜を入れてもOK。

今回は、あえて、シンプルにだいこんだけで、"だいこん飯"にしました。


玄米とだいこん、ごま油のバランスもよし。

簡単!美味しいです。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

フェアトレード石けん”She with Shaplaneer”イベント参加

昨日12月11日(日)は、JR田町駅徒歩5分のところにあるSHIBAURA HOUSEへ。

世界的建築家である妹島和世さんが設計したワークショップスペースです。

特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会さんが、
フェアトレード石けん”She with Shaplaneer”【未来を灯す石けん作り】と題された
イベントを主催。

1211she3_2

バングラデシュとネパールの石けん工房の代表の方々とこのプロジェクトに携わった
関係者の方々の講演会が行われました。

シャプラニールのスタッフである植田貴子さんが、必死に感情を取り乱さないように
一生懸命お話しして下さった生産者の皆さんのこれまでの過酷な現実には、
本当に言葉もありませんでした。

それでも、人は、職を得て働くことによって、希望を見出し、
学ぶことで、成長し続ける・・

今、現在、自分がぬるま湯の中で生活できてしまっていることを、
改めてつきつけられたような、心の奥にぐっと重さがかかりました。

そして、生産者の皆さんが一様におっしゃっていたこと。

「日本は、きれいな国。皆さん、優しい。ルールが守られている。」

本当にそうだろうか・・

現実は、違っていて、なんとも恥ずかしいような気持ちになりました。



さて、石けんそのものについては・・

1211she2 

ブランドプロデューサーは、株式会社トライフ代表取締役、
障がい者自立支援団体セルザチャレンジ代表の手島大輔氏。

デザインプロデューサーとして峯崎ノリテル氏。

技術協力として、太陽油脂株式会社の佐藤氏。

アーユルベーダソープとしてのクオリティの良さはもちろんのこと、
センスの良さもしっかりと確保されています。


今回は、泡立ちのよいタイプとしっとりタイプの「BABY」用石けんを購入。

香りで選びました。

(うちには赤ちゃんがいませんので、大人二人で使います。)

使うのが楽しみ・・

使用感は、またブログにアップします!

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月 9日 (金)

長いもは本当に長かった!■しりしり長いもの柚子胡椒

北海道網走郡津別町で大規模な農業を営んでいらっしゃる”ほそかわ農場”さん。

経営者の細川さんは、地元の農家さんとの交流や情報交換を大事にすると共に、
化学的な分析に基づく土壌づくりや収量を上げるための作付け方法など、
いつも熱心に研究されている方。

常にたくさんの人を動かし、勉強会等の幹事もこなして、地元の超有名人です。

実は、農家さんと言うと、どこか閉鎖的な印象がありましたが(だいぶ偏見ですね。)、
細川さんのように、周りも引っ張ってくれる方がいることで、特別に何か新しい
大きな仕掛けをしなくても、地域自体の活性化がどんどん進むような気がします。

さて、その細川さんから、長いもが届きました!

長いもといえば、せいぜいこれまで長くて30cmくらいのものしか、目にしたことがなく、
宅配便の箱がものすごく長かったので、いったいどういうことだろうと想像もつかず・・

Nagaimo1

驚きの48cm!

本当に、”長”いもでした。


まず一食目として、フレッシュな粘りと歯ごたえの両方を楽しみたく、
どんな料理にしようかと考え、長いもが好きな実家の母が
皮むき器(ピーラー)を使っていたことを思い出しました。

勝手に、北海道と沖縄のコラボを意識して、しりしり器を使うことに・・

Nagaimo2


Nagaimo3

しゃりしゃりとした歯ざわりと、粘りとのバランスがちょうどよい食感です。

ほんの少しのすりごまをかけて、柚子胡椒と自然塩で・・

さらっとした上品な甘さが引き出されます。


長いものぬめりに含まれるムチンには、よく知られている滋養強壮効果、そして、
もう一つの粘り成分であるデオスコランは、血糖値を下げる働きがあります。

生活習慣病全般、特に糖尿病の予防効果が注目されているようです。

それ以外にも、体内の不要な塩分を排出して、血圧を下げる働きや、
消化酵素のジアスターゼを多く含むため、消化を助けて胃もたれを防いでくれます。


料理の用途も広く、加熱してもまた違った美味しさがありますので、
またいろいろと試して、紹介していく予定です。


秋冬の貴重な健康野菜の一つ。

北海道の恵みに感謝!

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月 8日 (木)

オーストリアのオーガニックビネガーとマスタードテイスティング会

オーガニックの食品や食材を輸入販売されているストークグローバル・ジャパンさんへ・・・

山手線目白駅から徒歩10分の住宅街に、突如現れるかっこいい建物の中に、
Officeとショールームがあります。

今日は、オーストリアのオーガニックビネガーとマスタードをテイスティングしてきました。

Stork1



Stork2



Stork3

マスタードは、ホースラディッシュを使ったもの、プラムやラズベリー、チョコレートなど、
いわゆる”マスタード”というよりも、ディップの印象。

野菜との相性もよくて、レシピのアイデアもどんどん浮かびました。


今後、一般の方に向けて紹介していくために、イベントを企画予定です。

FB等でお知らせしますので、お楽しみに・・。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月 7日 (水)

くつ下のこと■マウンテニアリング登山用ソックス

小さいころから、くつ下がスキ。

真夏でも、くつ下!

履いている方が、安心感があります。


寒がりなので、冬のくつ下選びは、特に慎重になります。

いろいろ検討した結果、今年は、マウンテニアリングさんのSmartWoolシリーズでチョイス。

最も太いウール糸を使用した最厚手の登山用ソックスにしました。

Socks

選んだポイントは、

①ニュージーランドの契約牧場で採れたメリノウールだけで作られたもの。

メリノウールは、保温性に優れ、吸水性が高い天然素材で、四季を通じて使用可能。

(夏も履こう!)

②適度な厚みとクッション性

③短すぎない長さ

④重ね履きも可能


足裏の模様や文字も、デザインの一つとしてチェックします。

コンバースのローカットに合わせてみると、少し見える赤色部分が、愛嬌たっぷりでした。

クリスマスの贈り物にも・・・

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

簡単!調理時間15分でお惣菜■あらめとかぶの煮物

5年前に、初めてマクロビオティックを実践した時に、”あらめ” という海藻を知りました。

関東地方では、ひじきの方がなじみがありますが、使ってみると、とても便利で、
美味しいです。

Aramekabu1

右側が、”あらめ”で、左側が、”長ひじき”。

”あらめ”は、伊勢志摩の特産品。 昆布の仲間で、”荒布”と書きます。

一度、ボイルしてからカット、天日干しされているので、さっと水洗いするだけで使えます。

ミネラルが豊富で、食物繊維を多く含み、穏やかな甘味が特徴。


簡単に、短時間でできる和食のおかずを作る時には、本当に役立ちます。

この時期が旬の、ぎゅーっと甘味の濃縮された冬のかぶと合わせて・・

Tanpopokabu

                   ※ぐんま たんぽぽ農園さんの”みやまこかぶ”

■あらめとかぶの煮物

Aramekabu2

 (材料)  あらめ かぶ にんじん かぶの葉 油揚げ 

 (調味料) しょうゆ 少々

 (作り方) あらめは、軽く水であらって、1分ほど水で戻してから刻む。

               戻し水も使うので捨てないようにする。

               少量の水でにんじんを蒸し炒め、戻し水を鍋に入れてから、かぶを入れる。
       ある程度火が通ったら、あらめと油揚げを入れ、ふたをして
       中火で5分ほど煮る。

       しょうゆ、かぶの葉を入れて、1~2分強火。

        火を止めて、ふたをしてなじませる。



あらめの出汁、かぶとにんじんの甘さ、油揚げのコクがあるので、
味付けは、ほんの少量のおしょうゆだけ。

あらめと野菜の甘味を楽しみます。


簡単にできる和風のお惣菜です!

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月 5日 (月)

■"想うゴハン 考えるゴハン"オーガニック野菜料理教室(プライベートレッスン)のご案内

■"想うゴハン 考えるゴハン"オーガニック野菜料理教室(プライベートレッスン)のご案内

●はじめに・・

(玄米・野菜の生活)

これまで体内に蓄積された不要なものがデトックスされて、身体が軽くなります。

味覚自体も変化することで、その後の食生活が変わります。

(料理をすること)

自分で料理ができることは、その人の財産の一つ。

(レッスンを受けることの意味)

これまでの食生活や食習慣、料理の癖は、なかなか代え難いもの。

どこかのタイミングで、発想の転換ができる思い切りと助けが必要です。

料理を習うことは、そのための近道の一つになります。


●クラスについて

調理の実習+座学にて、1回にて構成

可能な限り、ほぼ100%でオーガニックの野菜、自然栽培の野菜、植物性由来の食材・
食品を使用した調理を実習形式で行います。

また、毎日の暮らしを心豊かに、かしこく生活するために「食とくらしの基礎知識」、
「たべものの工夫・くらしの工夫」「食材・食品の選び方」「オーガニックについて」などの
テーマで学ぶ時間も設定します。


●プライベートレッスンの位置づけ

1. ご自宅、あるいは講師宅で、マンツーマンで学ぶスタイルです。

2. お時間の無い方や集中して学びたい方、また、これまでの不安や不明な点、
 今さら聞けない料理のポイントなどを解消して、調理力がより身につけやすくなります。

3. 旬の野菜や話題の食材を取り入れたメニューを基本とし、その人自身の目的に
 応じて、独自のカリキュラムを作成します。
 調理の実践力、想像力、応用力が身につきます。

4. レッスン後、メール等で、”Q&A Follow”(5回分)を行います。
 日常生活に戻ってからも、学んだ内容がより取り入れやすくなります。

※詳細は、WEBサイト「料理教室の特徴」 http://gohandesign.org/about2.html


●クラスの概要

 開催日:   ご要望に基づいて、調整いたします。

 時   間:  11:00~14:30  (3時間30分)

 受講料:   12,600円/1回  (消費税込) 

 材料費:     1,050円       (消費税込)

  学習内容: ご自身の目的に合わせて、設定いたします。

 ※参考: クラスⅠ  下記の中から、1回で学びたいメニューを4~5品選択してもOK

201112cookingclass_4        

                              ※材料等の関係で、変更になる場合もあります。


●問い合わせ先

お申し込み、ご質問等ございましたら、info@gohandesign.org まで、お願いいたします。

                                                                     gohan design organic ハシモトマユコ

| | コメント (0)

■"想うゴハン 考えるゴハン"オーガニック野菜料理教室(クラスⅠ)のご案内

◆ "想うゴハン 考えるゴハン"オーガニック野菜料理教室(クラスⅠ)のご案内 ◆

■ はじめに・・

(玄米・野菜の生活)

  わたくしゴトで恐縮ですが、4年間で体重が6kg減。 現在、165cmで、45kg。

  夫は、4年間で体重が8kg減。 現在、175cmで、65kg。

  お酒も甘いものも、普通に。

  運動は、週末のウォーキングと、一日10分間のオリジナルストレッチヨガ/ピラティス体操。

  思い当たるのは、自宅での食事を、玄米と野菜の料理に変えたことでしょうか。

  これまで体内に蓄積された不要なものがデトックスされて、身体が軽くなり、

  味覚も変わりました。健康を実感する生活は、心地よいです。

(料理をすること)

  自分で料理ができることは、その人の財産の一つ。 生きる自信にもつながります。

  自分と家族の健康を守ることができます。


(料理教室の意味)

  なかなかこれまでの食生活や習慣、料理の癖は、なかなか代え難いもの。

  どこかのタイミングで、発想の転換ができる思い切りと誰かの助けが必要です。

  料理を習うことは、その近道の一つになります。


■ 本クラスについて

  可能なかぎりオーガニックの野菜、植物性由来の食材・食品を使用した調理を実習形式で行います。

  マンツーマン・少人数制なので、不安や不明なところが解消しやすく、調理力が身につきます。  

  玄米や有機野菜のおいしさや心地良さを実感し、無理のない食生活の見直しや改善に役立ちます。

   ※詳細は、webサイト「料理教室の特徴」 http://gohandesign.org/about2.html

■ 本クラスの構成

  全4回のレッスンで1クール制。

  クラスⅠ、Ⅱ、Ⅲ・・は、各回毎にオリジナルのレシピで構成されます。

  旬の野菜や話題の食材を取り入れたメニューを実習することで、創造力、応用力が身につきます。

  レパートリーも増えて、楽しく学ぶことができます。

  また、毎日のくらしを心豊かに、かしこく生活するために、学びの時間も設定します。

  「食とくらしの基礎知識」「たべものの工夫・くらしの工夫」というテーマを予定しています。

● 開催日  : ご要望に応じて、随時開催中です。お問い合わせ下さい。info@gohandesign.org

● 開催時間 : 11:00~13:30(予定)

● 定 員    : 1レッスン 2~3名 ※1名様のみの場合、プライベートレッスン対応となります。

● 受講料  : 21,000円(全4回分、消費税込)

        ※1レッスンのみの受講も可。 6,300円(消費税込)/回

● カリキュラム(クラスⅠ)

201112cookingclass_3

                     ※材料等の関係で、変更になる場合もあります。

その他

     お問い合わせは、info@gohandesign.org まで、お願いいたします。

                                                                     gohan design organic ハシモトマユコ

| | コメント (0)

2011年12月 2日 (金)

■いろいろ野菜のマリネロースト

茨城県那珂市のpoco a poco 農園さん。

無農薬・無化学肥料で多品目の野菜を作っている農家さんです。

海外から、珍しい野菜の種を取り寄せて試してみたり、一方、日本古来の在来種への
危機感も感じて、積極的に植えつけているとのことで、いつも何かにチャレンジしている
様子は、本当にパワーを感じます。

そして、もちろん、自然農法と土づくり(落ち葉の腐葉土や籾殻など)にこだわっていて、
よって、野菜には、硝酸性のえぐみがほとんど感じられず、美味しい!

並べられた色とりどりの面白い野菜に、料理熱がいつも以上に高まります。


レストランとの直接取引も多くされていらっしゃいますが、
月1回の代々木公園のアースデイマーケットにも出店されているので、狙い目。

今回は、色のきれいなだいこんとかぶです。

● 赤かぶ

Akakabu1

茎と葉の部分もかっこいい。クセのない味です。


● ペトロワスキー

Milanokabu1

皮の部分は、なんともいえないクリームイエロー。

すごく甘くて、生でも美味しい。茎も、あまい!


● 赤芯だいこん

Akashindaikon1

カットすると、驚きの緑と赤の模様です。これもかっこいい。


今回は、水分を逃さず、旨みを閉じ込めるべく、オーブンでロースト。

あらかじめ、マリネしておくことがポイントです。


■いろいろ野菜のマリネロースト

Yasairoast1

 (材料)  野菜いろいろ

 (調味料) オリーブオイル ハーブ・スパイス 自然塩少々 ブラックペッパー

 (作り方) 調味料を合わせて、野菜をマリネする。(10~30分)

        塩は、この段階で、ほんの少しだけ。足りないようであれば、食べる時に。

        ※多すぎると、野菜の水分を引き出し過ぎてしまう。

        オーブン230度で約15分+野菜を裏返して約15分が目安。

        焼き加減はお好みで。


Yasairoast2_2


食べる時に、塩やペッパー、オリーブオイルをふりかけてもOK。

野菜の色や味、歯ごたえ、旨みを全部味わうことのできるロースト料理です。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2011年12月 1日 (木)

■ゴハンデザインオーガニック合同会社の設立登記

本日、2011年12月1日より、ゴハンデザインオーガニックは、
「ゴハンデザインオーガニック合同会社」を設立し、業務を開始することになりました。

Inkan

思い起こせば、今年4月。

企業理念やミッション、事業計画の策定を開始し、そして、屋号をどうしようか・・

知り合いや友人に、「”オーガニック”って一部の人だけの言葉かな?」と聞き回ったり、
「長い名前なので、きっと”ゴハンさん”って呼ばれることになるけれど、大丈夫かな?」と
自問自答したりしていました。

それでも、やっぱり「ゴハンデザインオーガニック」でいこう!


先ほど法務局から帰宅して、当時、書いたメモを読み返しました。

---------------------------------

私たちは、毎日のゴハンを “デザイン”します。

毎日のゴハンを見直すと

本当にしあわせになるんだと、心から想う。

自分自身や家族、地球の健康のために、

そして、今の社会や少し先の未来のために、

つながることも考えて暮らしたいという気持ちがあれば

世の中、大丈夫だと考える。

デザインの語源は、ラテン語のデジナーレ(designare)。

ある問題や課題を解決するために、考え方を組み立てて、

さまざまな形で表現すること。

そして、元々は、

“本質”や“器官”を意味することば、オーガニック(organic)。

         たくさんの想いを込めて

         gohan design organicを始めることにしました。

-------------------------------

約半年が経ったけれど、全くぶれていないことを確認。

その時は、まだぼんやりとしていたことも、より鮮明に現実的になってきた・・。

たくさんの農家さんやつくり手の方、加工メーカーの方々との出会いや、
農商工連携販売強化コーディネーターとしての活動など、
まずは、野菜料理教室からスタートしたプロジェクトも、
貴重なネットワークに支えられて、その枠に留まることなく展開しています。

個人事業主では、なかなか入ることのできなかった分野にも
今回の合同会社設立を機に、いっそう積極的に活動予定。

これからもますます、日本におけるオーガニックマーケットの拡大と、食と農、地域活性、
雇用創出等、さまざまな形で事業化する取り組みを加速させていく所存です。

改めまして、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

ゴハンデザインオーガニック合同会社

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »