« 2012年1月 | トップページ | 2013年2月 »

2012年2月

2012年2月23日 (木)

2/22 FWTrading主催 フランス産冷凍パンの試食会へ

昨日2月22日(水)は、メルキュールホテル銀座東京2Fのビストロ レ・シャンソンへ。

FW Tradingさん主催のフランス産冷凍パンの試食会がありました。

「これが、冷凍を焼いたもの?!」と驚くくらい、香ばしくて小麦の味もしっかりするパン。

Fw1


デニッシュ類も、さくさくして、上品な甘さ。

Fw2


パンフレット類も、デザインや色使いがきれいで、さすがです。

Fw4


こっそりいただいたサンプルも、次の日でも風味が変わらずに、美味しい。

Fw3


現在は、そのほとんどがレストランの業務用としてだそうです。

シェフが自ら、「冷凍のものを使ってます。」とは言わないので、
それを食べるお客さんは、そのレストランの自家製パンだと思いますね。

そうすると、つくり手さんの思いやストーリー、こだわりが伝わっていかないのが残念。

ちょっと寂しい気持ちです。

シェフの方が、胸を張って、「このパンは、フランス産の冷凍。
美味しくて、素材もしっかりしていて、あえてこれを選びました。
だから、料理に専念します。」と、懐の深い人だとおもしろいのになあと、希望的観測。

野菜料理とパンの試食会&セミナー&イベント、ちょっとやってみたいです。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2012年2月21日 (火)

カンブツレスキュー!■いろいろ乾物のおから煮

まだまだ寒い冬の時期。

旬の野菜も少なくて、毎日の献立もなかなか難しい。


そんな時に、頼れる味方は、カンブツ(乾物)!

Kanbutsu1_2

                              ※お豆さんも、乾物として扱いますね。

干すことで、栄養価もアップ!。


特に、切干しだいこんの場合、生のだいこんと比較すると、

  ・ カルシウム   (強い骨や歯の形成に欠かせない)      約22倍

  ・ マグネシウム(骨の成長や神経の働きに必要)         約17倍

  ・ リン        (骨や歯の生育やエネルギー代謝)     約12倍

  ・ 鉄        (赤血球ヘモグロビンの成分/貧血予防)   約48倍

  ・ 亜鉛           (さまざまな酵素の働きをサポート)           約10倍

  ・ 水溶性食物繊維(血糖値の上昇抑制やコレステロールの排泄効果) 約7.2倍

  ・ 不溶性食物繊維(腸内で膨らむ。便秘の解消/大腸がんの予防効果) 約21倍

                              ※「日本食品標準成分表」2010より



もちろん、生のものも有効な成分がたっぷりなので、偏らずにバランスよく
食べることが基本です。

ちなみに、生のだいこんには、「自然の消化剤」と言われる胃腸の働きを助ける
ジアスターゼ(アミラーゼ)が含まれているので、貴重です。


さて、今回は、おからも使って、お家にあるカンブツを総動員。


カンブツレスキュー!■いろいろ乾物のおから煮

Kanbutsu2

 ( 材料 )  おから 切干しだいこん 高野豆腐 ひじき 干ししいたけ
         大豆 にんじんの葉

  (調味料)  しょうゆ


それぞれのカンブツから良い出汁が出るので、味付けは、少量のおしょうゆのみ。


深い味わいがたっぷり楽しめます。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2012年2月16日 (木)

習慣を少し見直すきっかけ■イタリアのオーガニック認証洗剤 "フォーリア"

毎日の洗濯。

環境への負担がなるべく少ない洗剤を選び、仕上げにも同じブランドの柔軟剤。

それでいいのかなあと思いつつ、習慣としてずっと続けていました。


昨年11月のBiofachのイベントで購入した商品は、
イタリア製のオーガニック洗濯洗剤 "フォーリア"。

Folia

洗浄成分は、オーガニックオリーブオイルとなたね油から抽出したもの。

香りは、オーガニックラベンダー精油。


また、約28日で全体の約90%が分解されて、自然に還るとのこと。

※一般的な洗剤は、全体の約60%が分解されれば、生分解性に優れていると
判断されるそうです。

http://www.binchoutan.com/folia/


お洗濯の途中も、脱水後も、自然なラベンダーの香りです。


このシリーズには、仕上げ用の柔軟剤のラインがなく、最初は心配でしたが、
この商品を使ってから、柔軟剤を使うのを止めました。


習慣を変えるということ。

180度の転換は、なかなか難しいけれど、まずは、ほんの小さな一歩から・・。

これまでのこだわりや考え方が、少し変わって、なんとなく不思議な感覚です。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (1)

2012年2月14日 (火)

キミを想って桜の頃■金時紅長かぶとひえのサラダ

平塚市のてるてる農園、臼井さんの自然栽培の"金時紅長かぶ"。

寒い冬でもしっかりと育った、そのたくましさをたっぷりと感じます。

Kinntokikabu


合わせる雑穀は、"ひえ(稗)"。

Hie

ひえは、ミネラルなどの栄養成分がバランス良く含まれています。

食物繊維は、白米の約8倍、歯や骨をつくるマグネシウムは4倍、
さらに、ひえに含まれるたんぱく質は、血中のHDLコレステロール
(善玉コレステロール)値を高める働きをするとされています。

また、ひえは、やせた土地や冷害に強い作物。

干ばつにも強く、土壌の乾湿に左右されません。

そのため、身体を温める作用も期待できると言われています。


寒いこの時期、雑穀を上手く使って、温かいサラダを作ります。


キミを想って桜の頃■金時紅長かぶとひえのサラダ

Sakurasalad

 (材料)  金時紅長かぶ ひえ オリーブオイル 自然塩

 (作り方) 1. ひえをよく洗い、鍋に移し、適量(ひえの約4~5倍)の水を入れ、
         強火にかける。

        2. 沸騰してきたら、かぶを入れ、ふたをして弱火で7~8分。

        3. 水分がなくなるまで、木べらでよく混ぜる。

        4. 仕上げにオリーブオイルと自然塩で味を整える。(調理時間15~20分)


かぶの赤い色で、白色のひえが、さくら色になります。

春、待ち遠しく、キミを想って・・

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2012年2月 9日 (木)

心のある商品づくり■天然リネンウォーター"熊と森の水"

今日は、東京ビッグサイトで開催中の"第73回東京インターナショナルGift Show"へ
行ってきました。

Giftshow

会場が、いくつにも分かれていて、Mapを頼りにうろうろ。

ようやく、あおぞらポコレーションさんとクレコスさんのブースへたどり着きました。


あおぞらポコレーションさんは、新潟市にある障がい者の就労支援施設。

"ポコレーション"とは、poco(ちょっとずつ・ゆっくりと)と、relation(つながり)の
造語とのことだそう。


国産オーガニック化粧品のメーカーである株式会社クレコスの副社長である
暮部さんがディレクターをされ、産み出された"熊と森の水"。

天然スギを水蒸気蒸留したスギ水に、天然緑茶と天然ヒバをブレンドした
リネンウォーターです。

Linenwater2

今回は、購入ができずに、テスターのみの使用感。

スギの香りには、リフレッシュ、リラックス、抗菌・・
いろいろな働きがあると言われています。

天然の木の香りって、どうしてこう安心するのでしょうね。


パッケージについているカラフルな紐も、授産施設での手作りだそう。


リーフレットもすてき。

Linenwater1


かっこよくて、可愛くて、心のある商品。

しかも、忘れてはならない、しっかりと"売れるもの"としての完成度の高さ。こだわり。


人と人をつなぐ商品づくりが果たす役割は、大きいです。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2012年2月 7日 (火)

料理をするということ■自然栽培の野菜に教わること

神奈川県平塚市南金目で自然農法を行う「てるてる農園」の臼井さんの野菜は、
すでにレストランなどで評判のブランド野菜。

毎週水曜日と土曜日に、平塚駅より徒歩数分のCafe moto Rosso前で開催される
"夕陽ケ丘ファーマーズマーケット"で手に入ります。

週末、東京より車を飛ばし、いざ平塚へ・・。

2月の寒い時期、関東でも地域によっては、ほとんど収穫できない葉物野菜が充実!

鮮やかな色にテンションが上がります。

そして、なんといってもその味。

こんなに味が濃くて、力強い野菜は、食べたことがありませんでした。


■ルッコラ

Teruteru1


■ほうれんそう

Teruteru2


■津田かぶ・金時赤長かぶ・日野菜かぶ ※下から順に(合ってるかな。)

Teruteru3_7 

さて、どんな料理にしようかと考えて、考えて・・

結局、何も手を加えないことにしました。


■そのままほうれんそう ~みそオリーブオイル クミンの香り

Teruteru4_2


■ルッコラ・ほうれんそう・いろいろかぶ

Teruteru5



辞書で引くと、

”調理”とは、「物事をととのえること。調整。」

”料理”とは、「材料に手を加えて食べ物をこしらえること。」


自然栽培の野菜は、ある意味、すでに完成されたもの。ととのったもの。

必要以上に、手を加えてはいけないのかもしれません。


手を抜くというよりも、手を加えないという調理について改めて気づかされます。


野菜と向き合うと、風の吹く畑や土の匂いを感じます。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

2012年2月 2日 (木)

野菜のコンフィチュール■トマトのコンフィチュールパウンドケーキ

神戸市西区で農業を営むCalfarm-Kobeの代表、大西さんは、
通常の農作物の生産に留まらず、どんどんいろいろなことにチャレンジされている方。

加工品も何か面白いものはできないかと、研究熱心です。

今回も、ミニトマトを使ったコンフィチュールを地元のパティシエの方とコラボして試作中。

「ぜひ、一度、試食して下さい。」とのことで、サンプルをいただきました。

Tomatojam1

砂糖を控えるために、あるお菓子の材料を使っているそうです。

なるほど・・・確かにおもしろい!  (ここでは、試作中なので、秘密にしておきます。)


味は・・・

一般的なジャムのようにパンにのせて、というよりは、
ちょっとクセのあるチーズやシリアルクラッカーと合わせる感じが向いているような
そんな気がします。


そして、お菓子作りにいいかもしれないと、パウンドケーキにしてみることに・・


すでに素材として完成されているものを材料にするので、いつもよりも、さらに簡単。

準備15分。

オーブンに入れて、35分で仕上げます。


■トマトのコンフィチュールパウンドケーキ

Tomatojam2

 ◆ 材料 (18cm焼き型 1台分)

  A.  (粉物) 

    全粒粉 1カップ

         米粉    1/2カップ

    ココナツパウダー 大さじ1

    ベーキングパウダー(アルミニウムフリー) 小さじ 1+1/2

    シナモンパウダー 小さじ 1  (なくてもOK。お好みで加減する。)

  ● 材料をおどんぶり(ボウル)に入れ、スプーンで混ぜる。 粉ふるいもしなくてOK。


  B. (液体部分)

    豆乳 140CC ※生地がぼとっと落ちるくらいに。調整可能。

    なたね油 大さじ 2+1/2

    自然塩 小さじ 1/8   

    トマトコンフィチュール ※適量(目安:大さじ2~3)

  ● 材料をおどんぶり(ボウル)に入れ、スプーンで混ぜる。泡立てもしなくてOK。


 ◆ 作り方

  ① A, Bを合わせて、粉の白い部分がなくなるまで。さっくり混ぜる。

  ② 焼き型にオイルを塗って、流し入れる。

  ③ オーブン:180度で、約5分(予熱)

  ④ オーブン:170~180度で、約35分


とても美味しく仕上がりました!


個性ある酸味と甘みが、焼くことによってさらにバランスよく調和します。


野菜のコンフィチュール。

こんな楽しみ方もおすすめです。

M

Gohandesign_3 gohan design organic

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2013年2月 »