« 2012年2月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月18日 (月)

はじめての七宝焼

はじめて、七宝焼に挑戦。

七宝とは、仏教の経典にある七つの宝物=「金,銀,瑠璃(るり),
硨磲(しやこ),瑪瑙(めのう),真珠,玫瑰(まいかい)を表します。

そして、七宝焼きには、宝石を材料にして作られるためという説と
七宝に匹敵するほど美しいことから名称がつけられたという2つの説。

どちらも素敵です。

デザインを考えて、釉薬を選ぶ。

Shippouyakiclass

さらさらとした粉状の釉薬を水で適度な滑らかさにして、
銅板や銀板に、へらや筆で盛りつけます。

その後、少し乾かしてから、800度前後の高温の釜で焼成。

電気炉から取り出された胎の上で、釉薬が真っ赤に溶け、
次第に冷えて発色していく・・。

なるほど、こんなふうにできるのだね。

※写真がなくてすみません。

全体が冷めたら、まわりをヤスリで整えて、台座に設置。

ブローチが完成。

Shippouyaki

また一つ、新しいこと。

| | コメント (0)

2013年2月11日 (月)

炒め煮する!「野菜とひよこ豆のベジカレー」

カレーは、煮込み料理というイメージがありますね。

もしかすると、改めて”炒め料理”として意識すると、美味しくできるような気がします。

先日、アサクラオイルの朝倉玲子さんの「オリーブオイルの使い方講座」に参加。

「オイルと塩、野菜と火の掛け算はあっても、野菜どうしの掛け算はない。
素材単品の良さを引き出す工夫をすること。」とおっしゃっていました。

ただし、玉ねぎとにんじんとセロリは、他の野菜と組み合わせでもOK。

そんなことを少し意識しながら、野菜を炒める・・。

Currynabe

これだけでも美味しいので、カレーの風味づけも様子を見ながら丁寧に・・。

いつものカレーが、ちゃんと掛け算の滋味になります。

| | コメント (0)

2013年2月 9日 (土)

縫い物の午後

縫い物をする時には、

クッションをひざの上において・・。

そうすると、腕が固定されて、目と針の距離が近づくので、

縫いやすくなります。


Nuimono_2

2月の午後の陽ざしの中、ラジオを聴きながら・・

明日は新月。

| | コメント (0)

2013年2月 5日 (火)

【置き換え自由の発想】

6年前に始めて触れたマクロビオティック。
(今では、カチコチにならず、ゆるめのセミベジタリアン♪)

基本的に、肉・魚・乳製品は、NG。

陰性というカテゴリー分けされたじゃがいもも、できれば控えたい種類の食材。

そんな中にあって、代用できるものはないかなあ?・・と考え、
おからを選びました。

Okara_2

カリカリに炒ったもの①→粉チーズ
サラダやパスタのトッピングに・・。

カリカリに炒ったもの②→ポテトフレークとして。
茹でた野菜+豆乳+味噌/塩+ブラックペッパーでポテトサラダになります。

もちろん野菜を炊いて、炒り煮する”卯の花和え”は、安定感のある定番のお惣菜。

それから、お菓子づくりにも活躍します。
パウンドケーキにも加えるとふんわり。
カロリーも抑えられます。

もし、安全なおからを見かけたら、迷わず購入。

小分けにして冷凍も可。
ちょっと一品作りたい時に重宝します。

マクロビオティックで、私なりに学んだことは、
”制限された”ではなく、”置き換え自由”と考えること。
工夫できる自分がわかると、ちょっと自信がつきますよ。

お料理って無限大!

| | コメント (0)

2013年2月 4日 (月)

「旧暦と暮らす-スローライフの知恵ごよみ」

昨日は、節分。季節を分ける日。
季節の移り変わる大晦日のような日。

そして、今日は、立春。一年の始まり。

「旧暦と暮らす」を読み始めました。

Bookkyureki_2



企業に所属して、がむしゃらに働いていなかった頃には、
おそらく手に取ることがなかったであろう本。

不動産取り引きの緊張感とダイナミックな達成感の中にあって、
もし当時、こういう本を手に取っていたら、違う世界を知ることで、
もっと心にゆとりができていたように振り返ります。

だから、あえて..特に、企業でバリバリ働く人に手に取ってほしい。

この本でなくても、別の時間軸があること、
モノの見方や考え方の違うジャンルに接することで、
今、所属している世界がまた興味深く見えてくると思うのです。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2013年3月 »