« ワタシ実験1:重症のしもやけ対策 | トップページ | ecocolo »

2013年3月25日 (月)

春のぬか床づくり

今日の東京は曇り。少し気温が低めですが、
毎日、だんだんと暖かくなってきたので、そろそろかなとぬか床を作ります。

米ぬかは、無農薬・無肥料のものを使用。
安心感が断然、違います。

Nukadoko

(材料)
①生ぬか 1kg
②自然塩 70g
③水 1L
④昆布 5cm
⑤干ししいたけ 2つ
⑥赤唐辛子 2本
 
鍋に②③④⑤を入れて沸騰、火を止めてそのまま冷まします。

ボウルに生ぬかを入れ、冷ました液、赤唐辛子、
昆布と干ししいたけを刻んで入れて練っていきます。

捨て付け用の大根の皮や葉、キャベツの芯などを入れます。

ホウロウなどの容器に開けて、平らにならして、準備は完了。

うまく発酵してくれますように・・。
”殺菌生活”をしている人は、上手くぬか床が作れないそうです。

つまり、手に常在菌がいないため。

昔のおばあちゃんの漬け物が美味しかったのも、うなづけます。

さあ、私は、上手く作れたかな・・。

楽しみです。
 

|

« ワタシ実験1:重症のしもやけ対策 | トップページ | ecocolo »

くらすこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワタシ実験1:重症のしもやけ対策 | トップページ | ecocolo »